沿革・歴史

1958年(昭和33年) 創立
1961年(昭和36年) 株式会社電気応用機器研究所設立
1988年(昭和63年) インドネシアに初の海外工場設立
1990年(平成2年) 株式会社ディーオーケーに社名変更
神戸市中央区から神戸市兵庫区へ本社移転
1995年(平成7年) 中国福建省厦門にて中国工場稼働開始
2000年(平成12年) 神戸市兵庫区から現在地へ本社移転
中国広東省東莞へ中国工場移転
1958 Company founded
1961 Established DENKI OUYO KIKI KENKYUSHO Co., Ltd.
1988 First overseas plant established in Indonesia
1990 Company name is changed to DOK Co., Ltd.
Headquarter moved from Chuo-ku, Kobe to Hyogo-ku, Kobe
1995 China plant operation starts in Xiamen, Fujian province, China
2000 Headquarter moved from Hyogo-ku, Kobe to current location
China plant moved to Dongguan, Guangdong province, China

歴史と技術を受け継ぎ、進み続ける。

当社は、1961年に兵庫県神戸市で株式会社電気応用機器研究所を設立しました。観賞魚用水槽の水循環ポンプモーター及び自動販売機の庫内温冷気攪拌モーターにクマトリモーターを採用し事業規模を拡大しました。
1988年、日本企業が海外進出、海外現地生産を積極的に進める中、インドネシアにて現地の合弁会社と共に初の海外工場を設立し、安定した供給体制を構築してきました。
1995年、観賞魚水槽メーカーのポンプ部門を担うこととなり、中国厦門へ工場を移転しました。部品調達から組立までの工程を中国で行うことで、生産コスト削減を可能にしました。
2000年、生産効率の向上を求めて中国東莞へ工場を移転しました。また、本社を豊岡市に移転し、正確な検査体制の下、高い品質の維持を実現しています。

History and Development

In 1961, we have established DENKI OUYO KIKI KENKYUSHO Co., Ltd. in Kobe, Hyogo. We have expanded business through the implementation of shaded-pole motor for water circulation pump used for aquarium fish tanks, and the stirring motor of warm and cold air for vending machines.
In 1988, while Japanese companies were actively expanding overseas and engaging in overseas local production, we have built our first oversea plant with a local joint venture company in Indonesia.
In 1995, we became responsible and took charge of Pump Department of an aquarium fish tank manufacturer, and decided to move the plant to Xiamen, China. By handling procurement of components and assembly process in China, we were successful in reducing the cost of production.
In 2000, to further improve the production efficiency, we have relocated the plant to Dongguan, China. We have also moved our headquarter to Toyooka, to maintain high quality under precise inspection regime.